グリーン上のマナー

おそらくプレイヤーが一番気を遣わなければいけないのが、グリーン上ではないでしょうか。それくらい、グリーン上でのマナーがいろいろとあります。

自分のボールがグリーンに乗って、先ずやるべきことはボールマーク(ボールがグリーンに落ちた際の凹み)の補修です。

それ以降のグリーン上の大原則は、誰がパットをする順番かを常に意識して、パットをやらない人はパットをする人の邪魔を決してしないということに尽きます。

先ず、貴方を含めて誰のボールがどこに乗ったかを確認して、それぞれのボールとホールを結ぶパッティングラインを確認します。貴方は各自がパットを終えるまでに、そのパッティングラインを決して踏まないように動かねばなりません。もしも貴方が最後にパットをする(ホールに一番近い)のでしたら、キャディーさんが居ない場合は、貴方がピン(旗ざお)を持つか、もしくは抜いてあげることです。

仮に貴方の同伴プレイヤーのAさんがパットをやるとします。その場合に貴方の行動の基準になるのは、Aさんのボールとホールを結ぶパッティングラインおよびそのラインを両側に延長したラインということになります。このラインを意識することです。

貴方がしなければいけないことは、貴方のボールがそのラインに近かった場合に、マークしてボールを拾い上げ、Aさんから要求された場合はマーカーを動かすこと(詳細説明は割愛します)。

やってはいけないことは、沢山あります。

先ず、声を出さないこと。音を立てないこと。
先ほど言ったラインの延長上に立たないこと。(プレイヤーの視界に入らない)
日が当たってるときは、貴方の陰がそのライン上にかからないようにすること。
他の人が構えてから打つまで、身体を動かさずに静止すること。

画像


初心者がよくやってしまうのですが、他人のボールの転がりを見たくて、ボールの真後ろやカップの反対側で待っていて他人のパッティングを見るのはマナー違反です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック