隣のホールに打ち込んだ際

ボールが大きく曲がって隣のホールに向かって飛んでいった場合は、即座に「ファ~~~~!」と叫んで注意を喚起すること。これ以上に大事なマナーはありません。


隣のホールから自分のボールを打たせてもらう場合には、必ずそこでプレーしているパーティーの進行を邪魔しないようにコース脇で彼らのショットが終わるまで待っていて、コースに入るときには自分の存在を相手が認知しているのを確認してから自分のボールの場所に向かうことです。初心者ほどコソコソと無断で隣のコースに入ってきて人のプレイお構いなしにサッと打って逃げるように去って行きますが、「短時間に終わらせるのがマナー」と考えているとしたら大きな思い違いです。


隣のホールに入った後は、先ず自分のボールであることを確認すること。間違って他人のボールを打った場合には、自分は誤球のペナルティを払うのは自業自得ですが、隣のホールのプレーヤーにロストボールのペナルティを払わせることになりますから、厳に慎むこと。


ショットの後も、頭を下げてから自分のコースに戻る礼儀を示すといいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック