ホールとホールとの間でのマナー

グリーン上では全員がホールアウトするまでは、スコアを言い合わないようにしましょう。まだ他の人のパッティングが残っているのに先にホールアウトした自分のスコアを申告するのはマナー違反です。

従ってホールアウト後はついスコアの記録をしそうになりますが、何より重要なのは直ぐにピンを立ててグリーンから外に出て、後続の組のためにグリーンを空けることです。スコアの記録は、後ろの組のショットが届かないところに行ってから、行いましょう。前の組がホールアウト後にグリーン上でだらだらしているのはミットモナイものですよ。

ホールが詰まっていて次のティーグラウンドに前の組が居る場合は、しばらく離れてところで止まって、前の組が全員ティーショットを済ませるまで間近には行かないように待っていましょう。その間に声や音を立てたり、スウィング練習したりは控えた方がいいです。


ところでホールアウトした後、次のホールでティーショットをするまでに実際にボールを打つ練習は、ストロークプレイでは禁じられていますので要注意です。パッティングに納得できないからとパターの練習をするとペナルティを取られます。マッチプレイでは問題ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック