前の組に打ち込んだ場合

何よりも、前の組に打ち込まないように十分注意しましょう。特にシャドウになっていて2打地点が見えない場合は、安全であることを確認してからティーショットを打ちましょう。

それでも何らかの不注意で前の組に打ち込んだ場合は、ショットした本人に過失が有ることをキチンと認識して、謝罪の気持ちが伝わるように直ぐに態度で示すのがいいです。そのホールのホールアウト後やハーフが終わった際に、きちんと謝罪の言葉を伝えるべきです。その際は、もし貴方がビジターで同伴競技者にそのコースのメンバーさんが居るのでしたら、そのメンバーさんに一緒に立ち会って頂くとトラブルになってもクラブ側が調停に立ってくれる可能性が高まります。謝りに行かないと逆にクレームされることがありますし、無視するのはマナー違反です。

よくボールの飛ぶ人は、キャディーさんが「もういいですよ」と言っても前の組に届くことがありますから、前もってキャディーさんに自分の飛距離を伝えるようにするといいでしょう。詰まったときは、ティーショットはオーナーからせずに例外的に臨時ルールで飛距離の短い人から順にやるのもいいと思います。しかし、いくら飛ばないからと言って、前の組が第2打を打ち終わらない内にティーショットを打つのは、マナー違反です。

ゴルフコースが詰まってしまってプレーが遅れると誰もがイライラしますから、トラブルになる心理的な要因が増しますので特に注意が必要です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック