後ろの組に打ち込まれた場合

後ろの組に打ち込まれた場合は、もしもそのことに後ろの組が気づいているのでしたら後の心配はないですが、もしも気づいていないのでしたら再度打ち込まれる可能性がありますから、きちんと伝えることが重要です。

ゴルフでは何よりも安全が優先です。「筋を通す」以前の問題として、安全を先ず確保することを優先すべきです。

前の組に打ち込んだ場合同様に、後ろから打ち込まれてクレームをする場合は、メンバーさん立会いで、直接言いにくいのでしたらクラブ経由で伝えてもらうのも一案です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック