バンカーの均し方

バンカーでは構えたときにクラブヘッドが砂に触れると1打のペナルティになる、などというルールについては皆さん良く知っていますが、バンカーに関するマナーは、案外分かっているようで分かっていない方が多いようです。

バンカーショット後に砂を均すことは当たり前で論外ですが、キャディーさんをつけずにプレーして広いバンカー内を渡り歩く初心者には、それさえもできない不心得者が居ます。

大事なマナーのひとつとして、バンカーへの入り口と出口は必ず低い所からショットの邪魔にならない最短距離でという点。理由は簡単で、高いところから出入りするとショット後に砂を均しても、足跡が残りやすくて後から回る組に迷惑をかける可能性があるからです。但し、一度で出ない場合に自分の足跡にボールが入らないところを通りましょう。ちなみに自分の打ったボールがバンカーから出ないで転がり戻ってきて自分のクラブや身体に触れると、自打球のペナルティです。

マナーを良く知っている人でも案外知らないのが、ショット後にバンカーの砂を均す方向についてです。
「バンカーならし」で均しても砂の上に微妙な跡が残りますので、それが次のプレーヤーのショットにできるだけ影響を与えないように、ピンに向かって砂を均すようにしましょう。特にグリーン周りのガードバンカーでは心がけましょう。

また、初心者はバンカーショットの後に「バンカーならし」を取ってくるために一度バンカーから出て改めてバンカーに入りなおす人が多いですが、スピードアップのために最初からバンカーならしを持ってバンカーに入ってショットの際に邪魔にならないところに置いておくのがいいでしょう。蛇足ですが、日本ではバンカーならしがいつもバンカーの外に置いてあるのに、海外ではバンカーの中に置いているところが結構有ります。ルール上はどちらでも構いませんが、日本の方が結果的に「ラッキー」のケースが多いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック