歩行ルート

ゴルフ場のコース内でどのような歩行ルートを取っているかを見るだけで、その人がどれくらいゴルフが上手であるかだけでなく、その人の人格や人柄が見えてくるものです。

ティーグラウンドは、自分がショットする場所以外は立ち入らないようにしましょう。例えばバックティーからショットした後は、レギュラーティやレディースティーのティーグラウンドに立ち入らないことです。フェアウェイは、他の人のプレイの邪魔をしないように歩くのが当たり前ですが、真ん中を歩くと気持ちが良いものです。そうしてグリーンは、自分のボールに一番近いところのエッジから入るものです。それまでグリーン内の遠い対角線を堂々と歩くのではなくて、グリーンの縁を歩きましょう。ホールアウト後も、一番近いルートでグリーンから先ず出て、縁にそって外を歩くようにしましょう。

自身でカートを引くセルフプレイの際は、ティーグラウンドや修理地のみならずグリーン上はもとよりグリーン周りにもカートを持ち込んではいけません。またワダチが残ってしまって後続のプレーヤーに迷惑をかける可能性が有る場合は、できるだけそれを避けるように注意しましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック